行政書士小松原事務所
03-5540-8512
info@tokyo-visasupport.com


就労ビザ・結婚ビザ申請なら東京都中央区の行政書士小松原事務所:トップページ

「技能」

該当する人

日本の公私の機関との契約に基づいて、産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する者
例:外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機等の操縦者、貴金属等の加工職人等

上陸審査基準

次のいずれかに該当し、かつ、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

また、それぞれの技能を要する業務に従事すること。

料理の調理または食品の製造に係る技能で、外国において考案され日本において特殊なもの

10年以上の実務経験

外国の教育機関において当該料理の調理または製造に係る科目を専攻した期間を含む

外国に特有の建築または土木に係る技能

10年以上の実務経験(10年以上の実務経験を有する外国人の指揮監督を受けて従事する場合は5年)

外国の教育機関において当該建築または土木に係る科目を専攻した期間を含む

外国に特有の製品の製造または修理に係る技能

10年以上の実務経験

外国の教育機関において当該製品の製造または修理に係る科目を専攻した期間を含む

宝石・貴金属または毛皮の加工に係る技能

10年以上の実務経験

外国の教育機関において当該加工に係る科目を専攻した期間を含む

動物の調教に係る技能

10年以上の実務経験

外国の教育機関において動物の調教に係る科目を専攻した期間を含む

石油探査のための海底掘削、地熱開発のための掘削、または、海底鉱物探査のための海底地質調査に係る技能

10年以上の実務経験

外国の教育機関において当該技能に係る科目を専攻した期間を含む

航空機の操縦に係る技能

  • 2,500時間以上の飛行経歴を有する者
  • 航空法第24条に規定する定期運送用操縦士の技能証明を有する者でなければ機長として操縦を行うことができない同法第2条第16項に規定する航空運送事業の用に供する航空機に乗り組んで操縦者としての業務に従事する者

スポーツの指導に係る技能

3年以上の実務経験

外国の教育機関において当該スポーツの指導に係る科目を専攻した期間および報酬を受けて当該スポーツに従事していた期間を含む

スポーツの選手としてオリンピック大会、世界選手権大会その他の国際的な協議会に出場したことがある者

申請に必要な書類(入国管理局のHPにリンクします)

在留期間 3年、1年

ご相談・ご依頼はこちらから⇒

当事務所では無料メール相談は行っていません。全て面談(有料:5,000円/h)にて行います。

一般的な手続きについてのご質問はビザ相談BBSをご利用ください。