行政書士小松原事務所
03-5540-8512
info@tokyo-visasupport.com


就労ビザ・結婚ビザ申請なら東京都中央区の行政書士小松原事務所:トップページ

セミナー受講者の声

日本語教育学会 教師研修
日本語教師が知っておきたい「日本在住外国人の社会的状況と法制度」
2010年9月11日(土)13:00〜17:00
東京海洋大学品川キャンパス
主催:日本語教育学会
参加者 53名

●研修で特に役立ったこと
・在留資格の概要と基礎知識、具体例や最近の動向を知ることができた。
・入管の現場の考え方や特徴、申請・許可の実態を知ることができた。
・法律の枠内でできること、できないことがわかった。
・法律から外国人を見る観点を持つきっかけとなった。
・そもそもわかりにくい入管法のシステムについていろいろな点が明確になった。
・新入管法の概要がよくわかった。
・「研修」「技能実習」についての違いを知ることができた。
・さまざまな具体的事例が聞けたこと。またその検討によって理解できた。
・経験的な現場の話を具体例として聞くことができてよかった。
・具体例を先生だけでなく、参加者からもうかがえたこと。
・具体例を検討することで、微妙なニュアンスもつかむことができた。
・基本的に外国人に関わっていれば身近に起きうる事例が多かったため役に立った。
・海外に行って日本語を教える場合、日本へ行って就労したいという場合が多くでてくるが、そうした場合に非常に役に立つ。
・外国人の子供たちの学習支援をしているので、直接今日のお話が役に立つわけではないが、知識として知っておけることで役立つ。
・教師の知識として備えておくべきだと思っていたので、大変役立った。
・普段接している外国人はすでに在留資格を持った人たちなので、彼らが資格を持つまでの背景を知ることができたのはよかった。
・普段大学職員や区の職員頼みにしていた在留資格について少しかじることができた。
・資料1(1)の表は大変わかりやすい。
・大学の講義では聞けない専門家の話が聞けてよかった。

●現場へ生かせること
・外国人(大学や日本語学校等の学生・日本語教室の学習者・地域住民等)からの相談のアドバイスに生かせる。
・外国人学生の進学相談・就職相談に生かせる。
・直接かかわっている実務
・全ての日本語教師や外国人と関わる人たちは是非このような知識を持って現場に役立てるべきだと思った。
・地域の日本語教育にかかわるには日本語教師としての(教授法などの)知識同様、不可欠な基礎的な知識だと思う。地域ボランティアにも広く情報がいくといいと思った。
・研修内容を社内でフィードバックしたい。
・この知識を外国人に広めていきたい。
・直接的に現場に生かせなくとも、間接的に役立つことがあると思う

●わかりにくかったところ、予想に反したところ、困難を感じたところ
・今回の7月1日の改正についてもっと詳しい説明を聞きたかった。
・最近の動向やこれからの動向をもっと詳しく知りたかった。
・「留学・就学」が1本化は単純にまとまっただけなのか。1本化によるいい点とまだ不十分な点を知りたかった。
・1990年改正では多くの日系人が入国することとなったが、今回の改正ではどのような人が増えるのか。
・「技能実習」のこれからについて知りたかった。
・専門学校卒の学生さんの対応について少し難しかった。「人文知識・国際業務」「技術」についてまだあまり理解できていない。
・最初に入管のゲートキーパーとしての基本的な考え方や今回の改正に至る流れなどを聞きたかった。
・どの範囲までがサポートするのか(入管までか、行政機関までか)。
・原則と例外、わかっているがいわない、というものが多く、外国人に聞かれた場合にどこまで話すべきか迷う。
・かかわっている外国人によって聴講者の興味の対象が多様だと思うので難しいと思った。
・勉強になる内容ではあったが、自分が知りたかった内容はあまり含まれていなかった。外国人児童生徒、教育関連のことをもっと聞きたかったのでどのような内容を扱うか焦点化するのは難しいと思った。
・知らない情報がありすぎて半日で十分であったが、2日間に渡っても学びたい内容だと思った。
・範囲が広すぎた。
・ハンドアウトにもう少し詳しい説明があるとよかった。

●研修全体の感想、その他意見
・期待以上であった。今までの研修と違って、日本語教育オンリーではない切り口を感じた。
・全体的に良い構成であった。大変勉強になった。
・4時間という長さを感じさせないほど充実していた。
・一方的な講義ではなく、ざっくばらんな雰囲気でのやりとりがよかった。
・フロアからいろいろな事例が出て面白かった。
・事例は実践者から提案していただけるとより具体的でよいと思った。
・入管関連の話はいろいろなところで聞いたが今回のようにナマの現場との関連で説明をきいたことはなかった。とてもよい研修会だった。講師の先生をはじめ企画をされた先生に感謝を申し上げる。
・2500円の参加費でいろいろな質問に回答いただいた。講師の先生のお話は大変おもしろくためになった。
・小松原先生のように外国人問題に親身になってくれる法律家は日本にどれだけいるのか、と思った。
・在留資格の基礎知識から入っていったのがわかりやすかった。在留資格について少し身近になった気がする。

ご来場頂いた皆様および主催の日本語教育学会の皆様
本当にありがとうございました。

今後も皆様のお役に立てるよう
セミナー講師の活動にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。